「ヘアケア」カテゴリーアーカイブ

髪は女の命は今も変わりません

年齢とともに、体のあちこちが衰えてくるのは誰しも自覚しています。
そして、髪の毛もその代表的なひとつではないでしょうか。
元気がなくなったり、量が少なくなったり、見た目年齢にも大きく左右されます。

プレミオール21日間スターターセット

男性も、ハゲは嫌でしょうが、男性以上に女性は嫌ですよね。
いや、もう嫌というレベルは越えている気がします。
頭頂部は自分では見えにくいですが、意外と他人には見えていたりしますよね。
申し訳ないのですが、「ああはなりたくないな」と思う年配の女性は意外といるものです。

また、老化以外にも、ストレスだったり病気だったり、薬の副作用だったりで、脱毛することはよくある話。
かくいう私、実は数年前ガンになりまして。
ガン=抜け毛というイメージはかたいですよね。御多分に漏れず、ウィッグを使用しました。
(もっとも、治療によっては脱毛の副作用がないものもあるそうです)
ガンで毛が抜ける、よくドラマなんかだとすごくショックを受けていたりしますが。
いや、これが意外と楽しかったんですよ。
もちろん、原因不明だったり、薄毛と一生付き合わなきゃいけないのなら悩んだと思いますけど、治療の間だけでしたので、毎日のように薄毛になっていくことに対し、「うひょお、こんなに抜けるんだ!」と驚きの連続。
もっとも、抜け毛を掃除するのが面倒でしたけどね。
ハゲてからも、ウィッグかぶるのはイヤではなかったし、なによりも洗髪が非常に楽ちんでした。
このままハゲててもいいなと思うくらい。

はい、残念ながら(?)無事に治療も終わり、現在はフサフサですよ。
不思議なことに髪質が変わったような気がします、それもいい風に。
そんな訳で、私はまたウィッグ被る機会があってもいいなと思っていたり。
もっとも、またフサフサになるのが前提ですけどね。

前髪

私は、前髪をとても気にしています。前髪が整うと、顔の印象がよくなり気分も上がるので、前髪はとても大切だと思います。特に、写真を撮る時は、前髪が崩れていないか鏡で確認します。

ノアルフレシャンプー

ちなみに、1番好きな前髪は、重めでぱっつんの前髪です。以前は、軽めの前髪だったのですが、すぐに崩れてしまうので、重くしています。担当の美容師さんは、私好みの前髪を作ってくれるのでとても嬉しいです。今の前髪が1番好きです。

私は、AKB48や乃木坂46などの女性アイドルが好きなのですが、彼女たちの前髪は本当にキレイだなと思います。激しいダンスをしても全く崩れない前髪にとても憧れます。最近は、アイドル自身がYouTubeやInstagramで前髪セットの方法を紹介しているので、私も参考にしたいと思っています。

前髪は顔の印象を左右するので、とても大事な部分だと思います。私は、前髪が伸びて崩れてくると、テンションが下がります。なので、定期的に美容室でカットしてもらっています。私は手先が不器用なので、前髪のカットも美容室でお願いしています。毎月2000円ほどかかりますが、綺麗にカットしてもらえるので満足しています。美容室の前髪カットは意外と知られていませんが、オススメです。

界面活性剤とヘアダメージ

界面活性剤という言葉を皆さんはご存じだろうか?http://bbboo.jp/

主な用途は分離している水と油のような混ざり合わない成分を混ぜるために使われるものである。この成分は私たちの身近にある様々な物に配合されている。洗剤などの汚れを落とす成分、化粧水や乳液などの複数の原料の乳化剤にも用いられているのである。

そして、もちろん私たちが使うシャンプーやリンス、トリートメントにも用いられており、それは髪と頭皮へのダメージに密接に関わっている。

界面活性剤が完全に悪役というとそういうことではない。

配合されていることにより、頭皮の油分(汚れ)を溶かして浮かし洗い流す手助けをする重要な成分だ。

しかし、界面活性剤は複数種類があり、洗浄力が上がるにつれて油分を取りすぎてしまうため髪のダメージの原因になることがある。

よって、髪のダメージを避けるのであればより、マイルドな界面活性剤が配合されているものが望ましい。

例えば、パッケージの裏側に記載されている成分表の中にラウリル硫酸○○と書かれていたら注意が必要だ。ラウリル硫酸○○はヤシ油などから生成される界面活性剤だが、洗浄力が非常に強い成分だ。低コストのため安価なシャンプーなどに配合されていることが多い。

では逆にどのような成分が洗浄力がマイルドかというとココイルグルタミン酸○○やラウロイルグルタミン酸○○と書かれているものである。主にアミノ酸系とキャッチコピーが打たれていることが多い。

髪や頭皮のダメージは界面活性剤だけが原因ではない。だが、買い物の時にチラッとパッケージの裏を確認し、どんな界面活性剤が配合されているかを見る癖をつけることで髪と頭皮のダメージを未然に防ぐ手助けになるだろう。

髪の量が多い!羨ましがられることもあるけれど、悩み!!!

私はどこの美容室に行っても、量多いですね。プレミオール21日間スターターセットの効果
常にこれを言われます。母親も髪の量がかなり多いタイプだったので遺伝かなと思います。

そんな母親も50代くらいから髪が抜けて、ぺたんこの頭になり昔はあんなにあったのに?と嘆いています。

私もそうなるのかな…なんて思うけれど今は多すぎて、それが悩みです。

髪を乾かすのはもちろん、髪を巻くのも大変!

巻くのは大変だけど巻いた時にはそれなりに量があった方が綺麗に仕上がりますよね。でも毎日のことを考えると少ない方が羨ましいです。

ワンレンでストンとしたロングヘアに憧れるけど、そんなことしたら重すぎておかしい!となるので必ず美容室ですくことを勧められます。

だから永遠の憧れですね。

最近、引っ越しをしたのでそれに伴い美容室を新しいところを探しています。それまでは10年くらいいつもおまかせでと言えるような美容師さんにお願いしてました。

引っ越してから何件か回りましたが、髪の毛をすかれすぎて、髪がバサバサになったり、もしくはすき具合が甘くて三週間くらいでしっくりこなくなってしまったり。

ちょうど良い感じですいてもらうって難しいんだなぁと引っ越してみて、初めてわかりました。

今もまだこの人だ!という美容師さんを見つけることが出来ておらず、新しいところを転々としています…

髪の毛は濡れているとよくない

髪を労わるのであれば日ごろの手入れがとても大事となります。まず、考えることは髪がぬれているときです。髪が濡れている状態というのは実はそんなによくないです。

常にキューティクルの蓋が開いてしまっているような状態となります。ですから、濡れている間というのは髪の毛が悪くなっていくというような感じになってしまうわけです。

ですから、髪の毛が濡れているという状態は少しでも短くするということも髪の毛のためになることになります。毛先が乾燥しないようにと根元から乾かしていくということをやってみると良いでしょう。

熱風をかなり近づけるというのは髪の毛に熱を加えすぎてしまうということになるので、それはそれでよろしくないので遠くから髪の毛をパラパラと手でさせて少しずつ乾燥させていくということを心がけるようにしましょう。こうしたことをしっかりとやることによって、十分に上手く髪の毛を守ることができるようになります。

髪の毛がパサパサしてきたとかなんだか細くなってきたみたいなことがあればこういうことから気をつけてみると意外と回復したりすることがあります。

髪の毛に栄養を与えるということも意識しておくとよいでしょう。そうしたトリートメントをすることです。

髪について、私の長年の悩み事

私は昔から髪の毛については多くの悩みを抱えていました。この年齢になると、もはやこのまま付き合っていくしかないと半分諦めの境地に達しています。

まず、ひどいくせ毛だということ。うねりと言ってもいいかもしれません。以前はさらさらのロングヘアーに憧れて縮毛矯正をかけていたこともありますが、髪がとても痛んでしまいました。しかも、縮毛矯正をすると確かに真っ直ぐにはなりますが、特有のストンとした髪の流れになってしまい、全然自然ではないのです。

このくせ毛のために、ショートヘアーやボブもできません。広がりやすくまとまりがない髪のため、収拾がつかなくなってしまいます。

そしてこのくせ毛と同じくらい頭をなやましているのが、髪の毛のパサつきです。コワゴワした髪質でもあるため、絡まりやすく痛みやすいのです。天使の輪っかなどできたこともありません。

パサつきを軽減させるためにオイルを使いますが、分量の調節も難しいです。少ないと効果がありませんし、多いとベタついて髪の毛を洗っていない人のように見えてしまいます。

両親ともにくせ毛で剛毛なので、もうこれは遺伝なのだと承知していますが、やはりそれでも何とかならないかと美容室で相談するものの、髪質ばかりは美容師でもどうにもならないようです。

髪に艶とまとまりを出すには?

残念ですが私の髪にはまとまりがないです。子供のころからそうだったのでいわゆる体質・髪質が原因なのでしょうが冬はバサバサ、内側はうねっていて艶やまとまりといった言葉とは無縁な状態です。

髪が固い方で量も多く、学生時代は打ちのめされていました。

人気のある、素敵な女の子は髪の毛の手入れもちゃんとしていてサラサラでしたから。どうして可愛い女の子って、髪の毛もきれいなんでしょうか。大人になってからは髪をすいたりトリートメントをしたり、ヘアスタイルも気にして少しは見栄えが良くなるよう努力したのですが、あんまり変わらない気もします。美容院へ行った直後はきれいに整えてもらうので気分もよいのですが、あの美容師さんにアレンジしていただいた状態って、どうしても維持できないものなんですよね。

手先が器用だったら自分でアイロンを使ったりするのですが、量が多くて固い髪の毛なのでとても自分でアレンジなどできません。

アイロンやコテを買ったのですが、タンスの肥やしみたいになっています。最近は簡単なヘアアクセや毛先だけまく方法に落ち着いていますが、どうにか自分で上手にアレンジできるようにならないでしょうか。ネットでそういう情報源をさがしているので見つかりますように。

髪の毛のダメージをとにかく軽く回復させたい

さまざまな髪の毛の悩みで髪の毛のダメージをとにかく軽くしたいとか回復させたりといったようなことがあるのであれば、トリートメントとコンディショナーをよくよく考えて使い分けるようにしましょう。

それぞれの役割を知ることによってしっかりとした髪の毛の状態を良くするということにつなげられたりします。トリートメントというのは基本的には髪の毛の内側の練習をする役割を持っているものであり、コンディショナーというのは髪の毛の外側を守るということに特化しているものになります。

トリートメントとコンディショナーというのは同時にあるというよりは分けて行うという事の方が良かったりします。

トリートメントとコンディショナーを交互に行うみたいなやり方をすると結構髪の毛にとっては良いことになる可能性が高いです。髪の毛というのは意外と様々なことからダメージを受けていることが多いのでそういうものを回復させるためにトリートメントとコンディショナーというのを選ぶぬくようにしましょう。

ある人にとって良いものであるからといって自分にとって良いものであるかと言うとまた微妙なので注意が必要です。あくまで自分の髪質に合うものを見つけることです。